スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株取引のことならおまかせください。

もうじき参議院選挙。

日本経済が云々そんなこともありますが・・・。

とりあえずお祭りみたいな選挙が始まりますね。
本当に政治というものは一般市民をそっちのけで
お祭りをしているようです。


ちょっと批判的な考え方ではありますが・・・。

今も昔も多分

政治(まつりごと)と呼ばれていますよね。
これ実際はそのとおりじゃないのでしょうかね?

政治に参加してみたいと思う人、立候補してみたいと
考えた人読んでみてもいいのではないですか??

最新選挙立候補マニュアル




●2010年上半期株取引
2010年上半期 株取引結果 月間損益 ( )はマイナス 月別損益 累計 1月 (47,574) (47,574) 2月 (44,000) (91,574) 3月 52,000 (39,574) 4月 68,391 28,817 5月 7,024 35,841 6月 (6,788) 29,053 企業別損益 武田薬品工業 ...
続き
---



お金のことを考えるときはお金の語彙を増やしましょう。【格付】のことは銀行格付・企業格付。

定義:
格付(かくづけ 英:”Rating”)とは債券の発行条件を決めるために、発行体を分析し段階を付けることである。


法令文では「格付」。
債券の流通を円滑に行うためには、債券の発行体の信用力や
元本・利子の支払い能力がわかりやすく表示されていた方が好ましい。

この表示により債券を購入する者は容易にリスクを測る事が出来る。
このような求めに応じて、債券の発行体は格付機関に自己の格付を
依頼する事がある(依頼格付)。

また「勝手格付」と言い格付機関が発行体の依頼を受けずに、格付を
行う場合もある。

日本で活動している有名な格付機関
格付投資情報センター(R&I)
日本格付研究所(JCR)などがある。

株取引・投資信託の購入をするときにリスクの程度を示すために
このような格付機関の表示がある。
実際にはどれだけのリスクかを自分で納得するものです。

自分自身で責任を持って投資を行う場合は結局のところ
この表示は目安でしかない。

投資へのリスクを自分自身に求めるのであればこれは必要ないですね。
他人にリスクを求めるのであれば必要でしょう。

あくまで自身で考えて投資はしましょうね。


サッカー






株式の基礎からインターネット取引まで、自宅で簡単にネットでの株取引を学習日本アイティ技能普及協会 インターネット株式講座 02P06jul10





▼商品概要株式の基礎からインターネット取引まで、自宅で簡単にネットでの株取引を学習できます。株式の成り立ち・基礎用語から実際のネット株取引の実践までを学習可能。1/4画面で教材を見ながら操作が可能。 ネット取引の実践は架空の証券会社「ぱそとも証券」でリアルに体験。株式の基礎的な知識から銘柄検索、取

・・・もっと見てみる



---




プロフィール

かぶ

Author:かぶ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。